1200px-Saitama-Railway-2000
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Saitama-Railway-2000.jpg






埼玉高速鉄道線とは?
1024px-Saitama_Railway_Linemap.svg
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Saitama_Railway_Linemap.svg



2001年開業で東京都北区の赤羽岩淵駅から埼玉県さいたま市緑区の浦和美園駅までを結ぶ14.6kmの路線。
もともと赤羽付近から浦和市東部へ延伸するとされていた東京メトロ南北線の延伸区間として開業したこともあり、すべての定期列車が南北線と相互乗り入れを行っており南北線の先東急目黒線とも直通運転を行っている。






運賃は?


そんな埼玉高速鉄道線は運賃が高いという意見が多くあるようですが、実際はどれくらい運賃が高いのでしょうか?

FireShot Capture 231 - 運賃 - 埼玉高速鉄道
https://www.s-rail.co.jp/ticket/fare.php



初乗りでいきなり210円と東京メトロの170円やJR東日本の140円と比べるとかなり高い印象があります。
その後もどんどん値段が上がっていき赤羽岩淵駅から浦和美園駅まで14.6km乗ると470円もかかってしまい、乗り入れ先の南北線赤羽岩淵駅~永田町(14.9km)の240円と比べるとほぼ二倍の値段になっておりやはり高いです。






運賃が高い理由は?

・建設費が高かった

以前書いたなぜこんなに高い?高すぎる東葉高速鉄道の運賃の記事でも同じ理由がありますが、埼玉高速鉄道線の多くの区間が地下を通っているため建設費がかさみ、全線で総建設費が2561億円かかっておりこの建設費の返済を行うために運賃が高くなっています。

また、赤羽岩淵駅で南北線へと路線が切り替わるため初乗り運賃が加算されることになり例えば浦和美園駅から飯田橋駅まで乗ると710円もかかってしまうなど、東京都心へ行こうとした場合には埼玉高速鉄道線内の運賃の割高感にさらに拍車をかけるような事態になっています。

ただ、開業後2014年度まで15年連続で赤字だったものの川口市やさいたま市が417億円の損失補填を行い、埼玉県が持っている債権244億円のうち139億円を株式化するなどし、1183億円あった債務額が605億円までほぼ半減し、これにより2015年に初めて純損益が黒字になりました。


黒字になったということはこれから順調に借金を返していくことが出来れば運賃が値下げられるかもしれませんね。