1200px-Shinkansen_N700_z15
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Shinkansen_N700_z15.jpg



山陰新幹線とは?

山陰新幹線は大阪府大阪市から鳥取県鳥取市、島根県松江市付近を経由して山口県の下関市までを結ぶ計画の新幹線路線です。
山陰新幹線は1973年に公示された「建設を開始すべき新幹線鉄道路線を定める基本計画」にて計画された路線ですが、オイルショックの到来や高度経済成長期が終わってしまったことにより着工すること無く現在まで至っています。





建設費はいくらかかる?

5f7379ba2228551dd75e088c7fdfeade_m


山陰新幹線の建設費は在来型新幹線方式(現在日本中で走っている新幹線と同じ方式)で建設をすると建設費が3兆910億円となり便益は3兆3789億円、経済波及効果が年間377億円と試算されています。
大阪市から下関市までをつなぐということで全長が約550キロに及ぶことからやはり建設費が高くなってしまうようです。
また、山陰新幹線の建設を促進するために2013年に6府県の市町村で発足した
山陰縦貫・超高速鉄道整備推進市町村会議では在来型新幹線方式以外にもリニア方式での建設も掲げており、リニア方式で建設を行うと建設費13兆3537億円、便益18兆7900億円、経済波及効果が年間1590億円と試算しており在来型新幹線方式よりも大きな経済波及効果が見込まれますが建設費が約6倍とかなりの巨額に上っています。



採算性はあるの?
google先生で山陰新幹線と検索すると検索候補に「いらない」と出てくるなどかなりネガティブな入りになります(笑)

結論から言ってしまうと採算はよくないと思われます。

理由としては山陰地方の人口の少なさがあげられます。
山陰地方は鳥取県・島根県の2県を足しても人口が120万人ほどいないにも関わらず鳥取県の端から島根県の端までは350km近くもありかなりの人口希薄地帯になっています。
2017年に開業した北海道新幹線は年間利用者数約230万人で営業損失96億円となっていますが、北海道新幹線のある青函エリアは約180万人の人口がおり山陰よりも人が多いです。
そんな北海道新幹線が赤字のため山陰新幹線も赤字になると思われます。




1024px-JRW_187_LimitedExpress_Oki
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:JRW_187_LimitedExpress_Oki.JPG

そもそも山陰地方は中心部の出雲・松江・米子以外はそこまで横移動をする人が多くなく山陰間の都市を連絡する特急スーパーまつかぜ・おきは2両や3両で運行されている現状から見ても山陰の都市間移動がそこまで多くないことが分かります。
山陰ではの山陰間の都市間移動よりもやくもやスーパーいなば、スーパーはくとのような山陰と山陽をつなぐ陰陽連絡の方が需要が多いです。




 最後に、、、
ここまでネガティブな話をしてしまいましたがどうしても山陰新幹線を建設する理由を見つけるとすれば山陽新幹線のバックアップ機能としてリニア方式で建設を行い、山陰間でなく九州対大阪、九州対東京の新たな軸を作るための「経由地」として山陰を通すことでしょうか。これならまだ山陰間の移動以外の需要も取り込むことが出来るような気がします(まぁ建設費が大きすぎるのでそこの問題がありますが(笑))。

今の日本は人口減少時代に入っているため作りたいから作るのではなく本当に必要とされている新幹線路線が建設されればいいなと思います。

最後まで見ていただきありがとうございました!
稚拙な文章で申し訳ございませんが、これからも当ブログをよろしくお願いいたします!