1200px-Tsukuba-Express-TX-2000
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Tsukuba-Express-TX-2000.jpg


つくばエクスプレスとは?

つくばエクスプレスは東京都千代田区の秋葉原駅から茨城県つくば市のつくば駅を結ぶ鉄道路線です。
つくばエクスプレスの建設は当時混雑が激しかった国鉄常磐線の混雑緩和を図って1985年の運輸政策審議会答申第7号で常磐新線の新設という項目がも設けられ、東京~守谷町南部間が目標年次までに新設することが適当である区間、守谷町南部~筑波研究学園都市間が今後新設を検討すべき区間とされたことに始まります。

つくばエクスプレス(当時常磐新線)は常磐線の混雑緩和を目的として整備されるものだったため、国鉄が建設・運営をするのが妥当とされてましたが当時の国鉄は毎年1兆円以上の赤字を出しておりとても新線建設を行うことが出来ない状態とされ第三セクター方式も視野に入れて計画が進められました。

つくばエクスプレスは踏切がひとつもないこともあり最高速度130kmの高速運転を行っており秋葉原~つくばの58.3kmを快速で最速45分で結ぶなど通勤路線でありながらかなりの速さで運行をしているという特徴を持ちます。



東京駅延伸計画!?

1200px-Tokyo_station_from_marunouchi_oazo
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Tokyo_station_from_marunouchi_oazo.JPG


そんなつくばエクスプレスですが終点の秋葉原駅からさらに延伸し東京駅までをつなげることを茨城県の自治体が強く要望しています。
東京駅への延伸は2000年の運輸政策審議会答申第18号で今後整備について検討すべき路線として位置づけられていますが計画は進展していません。
この際東京駅への延伸条件として1日平均乗客数が27万人以上になるというものが出されていましたが平成21年度には1日平均乗客数が27万人を超え平成30年には乗客数が38万6000人あまりになるなど乗客数は増加傾向にあるため延伸計画が今後進展する可能性が大きくあります。




いかがでしたか?

つくばエクスプレスの東京駅延伸は現在の秋葉原どまりよりもより利便性が高くなるものですが、現在つくばエクスプレスは6両編成という短い編成のため混雑率が急激に悪化しておりホーム延伸工事等も含めた8両編成化事業の実施を2019年に正式に決めたばかりであり、東京駅延伸の費用負担の話もあることからすんなりとは話が進まないものと思われます。
しかしながら人口減少社会に入った日本で数少ない実現の可能性のある鉄道延伸計画なのでぜひ需要を吟味したうえで計画を進めてもらえたらなと思います。



最後まで見ていただきありがとうございました!
稚拙な文章で申し訳ありませんが、これからも当ブログをよろしくお願いいたします!