sekiyuou

現代生活に無くてはならない石油、そんな石油が取れる量の多い国をランキングにしてみました!
トップはどこの国でしょうか?みなさんも想像しながら見ていってくださいね!



5位 イラク 2億2614万トン

中東の産油国としても有名なイラクですが原油の生産量はやはり世界トップクラスです。
1人あたりのGDPも約1万4000ドルと中所得国に位置しておりこれからの発展が期待されます!








4位 カナダ 2億5548万トン

北米の資源大国カナダですが石油の生産量も多いようです。
広大な国土を持つカナダですが人口は4千万人ほどしかいないのでまだまだ未開の地が多く潜在力の多い国といえます!









3位 ロシア 5億6333万トン

1200px-Flag_of_Russia.svg

かつてソビエト連邦としてアメリカと肩を並べる超大国だったロシアはソビエト連邦崩壊後経済力の大幅な衰退を起こしましたが世界最大を誇る国土からは石油や天然ガス、石炭などの天然資源が大量に算出されており石油の生産量の世界第3位となっています!









2位 サウジアラビア 5億7833万トン

1200px-Flag_of_Saudi_Arabia.svg

産油国としてのイメージの強いサウジアラビアですが石油生産量はそのイメージに反さず世界2位を誇っています。
石油やオイルマネーという言葉を聞くと白い布を身にまとった金持ちそうな人が思い浮かぶと思いますがそのイメージのもととなっているサウジアラビアは1人あたりGDPが2万3833ドルと高くオイルマネーの力の強さを感じさせられますね(笑)












1位 アメリカ 6億6937万トン

1200px-Flag_of_the_United_States.svg

産油国のイメージのつよいサウジアラビアを抑えて石油生産量世界1の座を獲得したのはアメリカです!
アメリカは昔から石油の生産がおこなわれていましたが生産量よりも消費量の方が多い状態が長らく続いていましたが近年はシェールオイルと呼ばれる石油の生産が増えており海外への輸出も可能になるレベルにまで生産量が増加し世界1の産油国となりました!




いかがでしたか?
日本のような石油がほとんどとれない国からするとうらやましい限りですね!(笑)
石油の生産量の大きさは世界のパワーバランスを知る上でも大事なので頭の片隅にでも置いていただけると嬉しいです!
最後まで見ていただきありがとうございました!
稚拙な文章で申し訳ありませんがこれからも当ブログをよろしくお願いいたします!