car_side_patoka

普段車を運転しているときに知らず知らずのうちにやっているかもしれない道交法違反!
今回はそんなもしかしたらやっているかもしれない道交法違反をいくつか紹介していきます!


時速50km未満で高速道路を走る 点数1点

道路交通法第75条の4では交通の安全を守るために最低速度に達しない速度での運転を禁止しています。
高速道路の最低速度は時速50kmと決まっているので50km未満で高速道路を走っていると道交法違反となってしまう場合があります。







高速道路で追い越し車線を走り続ける 1点

道路交通法第20条では道路の左側端から数えて1番目が車両通行帯と決められています。そのため2車線道路だと右側の車線は追い越し車線となっており車両通行帯にはなっていないので追い越し車線を走り続けてしまうと道交法違反になります。
高速道路で運転中に追い越し車線を走り続ける車はよく見ますが違反になるので気を付けてください!







緊急車両に道を譲らない 点数1点

道路交通法第40条では救急車や消防車などの緊急自動車が接近してきた場合は道路の片方に寄って道を譲ることが義務づけられいるため緊急自動車に道を譲らないことは道交法違反となってしまいます。
大音量で音楽を流したりするのはやめ、常に緊急自動車が近づいてきていることがわかるような状態での運転を心がけましょう!







大音量で音楽を流す 点数2点

道路交通法第70条安全運転の義務では運転手は周囲の状況に応じて判断をする必要があるため、まわりの音が聞こえないような状態で運転をしていると道交法違反となってしまいます。
ひとつ前の緊急車両に道を譲らないでも書きましたが周囲の状況を把握することは大事です!






横断歩道に歩行者がいるのに止まらない 点数2点


道路交通法第38条では、横断歩道での歩行者の優先が定められています。信号がない横断歩道で歩行者が待っていた場合横断歩道の前で一時停止をし歩行者を横断させましょう。
個人的な体感ですが横断歩道で待っていても止まってくれる車はなかなかいない時が多く感じます。みなさんも横断歩道で待っているときにみんな止まってくれなくてなかなか渡れない!と思ったときはありませんか?一度でもそう思ったことのある方は反対に横断歩道で待っている人がいたらぜひとも歩行者を渡らせてあげてくださいね!